nowhere

相反する名前がついていても (赤と青、とか、空想と現実、とか、喜怒哀楽、とか)

ひとつの月を、光のあたりかたによって、

三日月と呼んだり、満月と呼んだりするように

ほんとうはただひとつまるく在るだけなのだろうし、

境目なんて、波打ち際みたいに、

互いを内包しながら、絶えず動き続けているものなのだと思うし、

ふとした瞬間反転していたりするものだから、

そこに塀を立てるなんてできるわけがなくて。

そんなことを言ってるから、何も作れないんだろうなあと分かってはいるけれど、

ゆるぎない安定した世界感に憧れながらも、

やっぱり、自分の心がゆさぶられるものはその「際」にあるように感じるし、

そういう場所にいる人達に惹かれます。


最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square